『why me?』vol.2
〜とりあえずコーヒーを〜
が終演した。

新型コロナウイルスの影響により2度の延期を行なっていた為、vol.1から1年2ヶ月を経ての公演となった。
本日から3日間かけて、ブログにはこの『why me?』vol.2の事を記載していきたいと思う。
(書くネタできてよかった!)

本日のブログでは
本番前日までの事
について書きたいと思う。

本番3週間ほど前から睡眠時間が時折乱れ始めた。
布団に入っても眠れないのである。
理由は簡単明瞭。
緊張だ。

「お客さんと2人で即興芝居をやる」
自分で決めた事ではあるが、だからといって緊張しないわけではない。

昔、複数メンバーと共にインプロのショーなどを行なっていた時は
「自分がダメでも他のメンバーがなんとかしてくれる」という甘えと信頼で心的余裕を保てていたが、
『why me?』の場合はそうはいかない。
舞台上で進行ができるのはぼくだけなのだ。
ぼくが口をつぐむとどうしても停滞してしまう。
ましてやゲストと意思疎通が図れずグダグダになってしまったら…。
不安に目を向けるとキリが無かったが、
だからといって開き直る事もできず日に日に精神は疲弊していった。

「この緊張、前回(vol.1)の時はどうやって取り除いたんだっけ?」
記憶を辿るが、昨日の夕食も覚えていられない男が14ヶ月も前の事など覚えているはずが無いのである。

夜眠れるように日中のうちに筋トレとランニングを行なうようにした。
脳が活性化して眠れないのであれば、身体を疲弊させれば夜無理やり眠れるに違いないという狙いである。
さらにこのメニューに長風呂を追加したものの焼石に水。
効果はほぼ皆無で、明け方4時まで眠れない事もザラにあった。

それでも本番の日は近付いてくる。
このまま睡眠不足が続いてしまうと本番でベストパフォーマンスが発揮できない恐れもある。

緊張のあまり、Twitterやブログでの公演告知はおろか毎日書き記している日記さえ書けなくなっていた。
(今、手元の日記を見返すと4/27から未記入)
「そんなことをしている時間があるのならば少しでも演劇・映画の本を読んだりリハーサル動画を見返す時間に充てて、この恐怖を和らげたい」と考えていた。

しかし本番が近づくにつれ、各スタッフとの細かい打ち合わせが増えていき
恐怖を完全に拭い去ることはできなかった。

結論から言うと、ぼくはこの睡眠障害を明確に解決できないまま本番の日を迎えた。

もしvol.3をやるならばまたこの問題と向き合う事になるのだが
今のぼくには明確な解決策はない。

困る。

以上が本番前日までのぼくの状態である。
唯一の救いは予約してくださるお客様が絶えなかった事だ。
この方達に少しでも良い作品を提供したいという想いが支えになったような気がしている。
綺麗事を言うのは好きではないが、本音なのでこれはこれで仕方ないのだ。

 

次回は本番当日朝〜本番直前までの記事を書こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA