前回に引き続き、4月30日に行われた『why me?』vol.2について書きたいと思う。以下が本番当日の本番直前までの動きである。

・6:00 起床
眠い。どうして昨日あんなに夜遅くまで漫画「ハイキュー!」を読んだのかと後悔する。

・7:00 家を出る
朝はえーよ誰だよ時間決めたのと愚痴るも、当然それは自分自身である。
電車の中で「ハイキュー!」の続きを読む。
自分の短所を補いながらもライバルたちと戦う主人公に感情移入し泣く。

・8:40 開場前集合
いったん会場に全員集合した後、スタッフと共に会場の裏手にある東京一のパワースポット・小網神社へ行く。本番の成功祈願の為。
「だったら現地集合でいいじゃねーかよ」というスタッフの声が聞こえたが無視した。

・9:00 小屋入り、そしてリハーサル
ピアノの位置・照明の位置・照明のあかり・つぶす客席の選択・撮影カメラの位置・受付スタッフへの指示 etc…
決めなければならない事が数多くあり、本番前のコンセントレーションタイムを充分に確保できなかったという反省。ぼくがもう一人いればいいのにと何度も思う。クローン技術の発達に今後注目していきたい。

・12:00 休憩
一人の時間が確保できるも、次は食事や衣装の準備などに追われる。
スタッフの皆は日本橋の美味しいお店へランチを食べに行っており、寂しくて楽屋で一人で泣く。そのまま森真一『おふくろさん」をエンドレスリピートで歌う。

・13:15 開場 (お客様をお迎え)
お越しになるお客様方を迎える。
事前アンケートの質問「ステージに立てますか?」の問いには
OK / NG / 長澤がケアするならOKっちゃOK
の三択の回答を用意しており、
アンケート回収時にその答えと回答者の顔を結びつける。
(「NG」と回答した人をステージ上にあげる事を絶対に防ぐため)

・13:40
ご来場するお客様の列が絶えない。
それでも一人一人、顔と回答を記憶していく。

・13:50
ご来場されるお客様の数が多すぎて、長澤の記憶のキャパシティが壊れる。
全部忘れる。

・13:55
急いで衣装に着替える。
口の中が乾燥してパサパサ。
が、水がどこにあるかわからない。
インカムの不調で照明スタッフと本番直前の意思疎通が図れない。

 

といった具合である。
今思い出しても結構バタついていた。
そしてどのお客さんがステージに上がるのを「NG」と答えたかを完全に忘れていた。

「こんな状態で本番できるんかいな…」
不安ではあったが腕時計はすでに14:00(開演時刻)を指している。
ぼくは不安を拭う事のできないまま袖から舞台へと歩み出た。

 

もう一回だけつづく…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA