Japan Burger Championship 2022


「単純におもしろそう」

これが、
Japan Burger ChampionshipのMCの依頼を、
プロデューサーの中島輝行さん・通称輝 (テル) さんから受けた時の
ぼくの率直な感想であった。

日本で一番のハンバーガーを決める大会であるという事。
そしてこれが日本初のイベントであるという事。

この2点でぼくの食指が動かされた。

テルさんがぼくの大学時代の先輩であった事を差し引いても、このお仕事はきっと引き受けていた事に疑いの余地はない。

 


輝さん


ぼくが輝さんと出会ったのは大学であった。
日本大学芸術学部演劇学科の1つ上の先輩。

ただでさえ1つ上の先輩方は頭が本当におかしい人々が多かったが
輝さんはその中でも群を抜いていた。

長身と、センスあるファッション。
遠目から見れば良い感じなのだが、騙されてはならない。
彼にとって奇声・奇行は当たり前。
法律に守られている10代の特権を最大限に利用していた。
数々の破天荒な彼の行動を遠目に見ていた僕は
「いつになったら警察に捕まるのかな〜」と思っていた。

なお、ぼくも輝さんも大学では
演技コースに在籍していたが、
輝さんが演技をしているところを
ぼくは4年間で1度も目にした事がない。

演技コースに入る者はすべからく、
学校の授業なり、同期や先輩の劇団に入るなりして、
何かしらの手段で演技をしようという者が多い。
ぼく自身も例に漏れず、この4年間は精力的に芝居をしていた。
しかし、輝さんの演技している姿は一度も見たことがない。

 

 

今回、初めて知った事だが、
ぼくが演技をしている頃、輝さんは飲食店でアルバイトをしていたらしい。
彼が「食」に興味を惹かれ、そしてのめり込んでいった事をぼくは全く知らなかった。

続く・・・

 


★Japan Burger Championship 2022は
クラウドファンディングをしています★


詳しくはこちらから!
https://camp-fire.jp/projects/view/612802?list=project_instant_search_results

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA